不妊症とは

不妊症とは、結婚して子供を望み正常な夫婦生活を営んでいるにもかかわらず、2年以上妊娠しない状態のことをいいます。最近では不妊症で悩む夫婦も多く、子供を望んでいる20歳〜45歳までの夫婦の約15%が不妊といわれています。不妊症の原因はさまざまあり、女性側に原因のあるもの、男性側に問題のあるものの他に原因不明の不妊というものもあります。
女性側に問題のある原因として、排卵障害、卵管が詰まっている、卵管と卵巣の癒着、子宮内膜の異常、子宮の発育不全、ホルモン異常などがあり、男性側の不妊の原因としては、造精機能障害(精子減少症、乏精子症、精子無力症、無精子症)、性交障害、勃起障害(インポテンツ)、精管通過障害などがあります。
このように不妊の原因はいろいろあり、どれか一つだけが原因で妊娠できない場合と、いくつかの原因が絡み合って妊娠しない場合があるので、子供を望んでいるがなかなか妊娠しない、もしかして不妊症かもと思ったら早めに産婦人科を受診する方がいいでしょう。その際には、どちらか片方が受診するよりは夫婦揃って病院を訪れる方が、より早く不妊の原因を突き止めることができるでしょう。不妊の原因が特定されれば、それに対しての治療が開始されます。

不妊症の検査

不妊症かもしれないと疑い病院を訪れると、まず不妊症の原因を探すための検査が行なわれます。女性不妊の検査は、基礎体温の測定により排卵の有無、黄体機能不全の可能性の有無などを判断し、月経の初めのころに採血を行いホルモンの基礎値を測定します。
これらの検査によって、不妊の原因となっているおおよその問題箇所を見つけることができます。排卵が上手くいっていなければ、排卵誘発の治療が開始され、なんらかのホルモン異常があれば、それにたいしての投薬などが行なわれます。また、月経終了後に卵管の詰まりなどを見る卵管の疎通性検査(通水検査)を、超音波を使って行い、その結果が良くなかった場合には、造影剤を使った卵管造影検査が行なわれます。
通水検査、卵管造影検査ともに多少の痛みを伴います。しかし、これらの検査をした後には卵管が通りやすくなっているということがあるからか、妊娠しやすいと言われています。月経が終わり排卵の時期が近づいてくると超音波エコーを使って卵胞の大きさ、成熟度を調べる検査が行なわれ、その時に子宮内膜の厚みも調べます。ホルモンバランスの崩れによる排卵障害では卵胞の発育が悪かったり、内膜が受精卵が着床しやすい厚さまで十分厚

基礎体温で不妊を知る

毎月、規則正しく生理が来るから自分は不妊ではないと思っていても、子供を望んでいてもなかなか妊娠できない時には、不妊であるかどうか自分の身体を知る意味でも基礎体温を測ってみましょう。なぜならば、生理がある=排卵があるとは限らないからです。
基礎体温を測ることによって、簡単に排卵があるかどうかということを知ることができます。生理があっても排卵がなかった場合は無排卵性月経で、卵巣機能不全(不妊の原因の一つ)を疑うことができ、排卵がないということは妊娠できない不妊の状態であるといえます。
排卵が28日周期で正常にある女性の基礎体温は、生理が始まった日から14日間(±2日)は低温を示し、排卵日を境に0.3℃〜0.5℃体温が上昇しそこから14日間(±2日)高温を示し再び体温が低下して生理が起こります。排卵が規則正しくあり、毎月きちんと生理のある女性の基礎体温には一定のリズムがあります。それは、きれいな二相性を示すグラフになります。しかし、生理不順の女性の基礎体温は二相性を示さずガタガタとしたグラフを示します。基礎体温が、高温期と低温期の二相を示さない、二相を示しても低温期が長すぎたり、高温期が短すぎたりする場合などは、排卵がない、ホルモンの分泌異常があるなど、不妊の状態であることが疑われます。

日々の中でできる不妊症チェック

不妊症の原因となるものはさまざまあります。日々の生活、体調などに気をつけることによって早く気が付くことができたり、改善させることができたりします。
例えば、生理痛がひどく出血量も多い場合には、子宮筋腫や子宮内膜症などが考えられます。これらはすべてが不妊に繋がるわけではありませんが、妊娠しにくい状況になる可能性があります。また、生理不順や月経の出血量が極端に少ない場合には、ホルモンバランスの異常や子宮の発育不全などが考えられます。このような症状を放置し続けると妊娠しにくく不妊になってしまいます。妊娠、授乳をしていないにもかかわらず、お乳が出てくる場合は脳下垂体からプロラクチンというホルモンが多く分泌されている高プロラクチン血症で、排卵がなくなったり生理が止まったり、受精卵が着床しにくかったりして不妊の原因となります。
これらの症状に早く気付くことができれば、病院での検査を受け不妊治療を早く始めることができます。さらに、毎日の食生活の中で、偏った食事ばかりを摂っていないか、身体を冷やす食品を多くとっていないかなどに気をつけることで、体質が改善され、冷えを取り除くことができます。体調のチェックや食生活、生活習慣をチェックすることで妊娠しやすい健やかな身体を目指しましょう。

不妊症の検査